ベビーカー・抱っこ紐など
のご案内

ベビーカー・抱っこ紐などのご案内



赤ちゃんが産まれたら準備するものがたくさんありますが、赤ちゃんとのお出かけの時に必要な、ベビーカー・抱っこ紐・チャイルドシートなどの いわいる赤ちゃんのキャリーグッズはたくさんあって、どれを選んでいいのか悩んでしまうグッズだと思います。
ここでは代表される物をご紹介していきます。

ベビーカーにはA型(生後1ヶ月以降の首がすわっていない赤ちゃんにも使えます。)

B型(生後7ヶ月ぐらいからお座りができる赤ちゃん)AB兼用型(寝転んだ状態でもお座りでも変形させて使えるもの)

バギー(生後7ヶ月ぐらいから使えB型よりもコンパクトなもの)海外製品(3輪バギーだったり、ストローラーなどデザインが個性的)

それぞれライフスタイルに合わせて購入を考えてみてください。

A型の特徴はフルフラットになり赤ちゃんを寝かせたまま使え、ママのお顔が見える対面式と景色が見える背面式があり、 1台で切り替えられる物がいいかもしれません。
A型は昔に比べればとてもコンパクトになりましたが、B型にくらべると置き場所をとるかもしれません。値段もB型に比べるとお高めです。なのでA型はレンタルという方もいますね。

ただA型のベビーカーでもお手ごろ価格のものがありますので少しご紹介しますね。それはGoodbabyの「ラ・イート」という> ベビーカーは軽量で価格も15,000円前後でお手ごろです。グレコのシティライトRアップというベビーカーもお手ごろ価格になっています。

B型はお座りができるようになった頃から3歳くらいまではよく使うベビーカーかもしれません。動物園やテーマパークなどでは長時間のだっこやおんぶは疲れるのでB型ベビーカーは活躍します。
A型にくらべ軽量になり、価格も安い物が増えます。

AB兼用型はA型より振動対策が若干劣るので2ヶ月からの対象月齢になっている物がほとんどですが、生後2ヶ月ぐらいまでは 外出も少ないですし、特に気にならなければ1人2役のAB兼用型だけでも十分使えますね。

バギーはB型と同じく3才頃まで使えるものを選んでおくのがいいでしょう。

次に抱っこ紐ですが、抱っこはママと肌がふれあいスキンシップになります。赤ちゃんも安心します。

抱っこ紐

抱っこ紐

抱っこ紐


お出かけでもおうちの中でも使えるものなので、横抱き、縦抱き、どのように使えるのかお店に行って試着してみてください。

エルゴなどに代表される腰ベルトでママの腰をホールドするものがママの身体への負担が減っていいようです。

新生児から長く使えるものがいいかもしれません。

最近キャリートラベルシステムといわれる、ベビーカーと抱っこ紐がセットで使えるものがあります。

今までなら抱っこ紐からベビーカーでに乗せかえるとき、一旦抱っこ紐から出して、乗せかえていましたが、このシステムなら 抱っこからカバーをはずしてそのままベビーカーに乗せかえれます。アップリカやコンビやグレコなどいろんなメーカーが 販売していますので参考にしてみてください。

次に産院からおうちに戻る際に車を使うならベビーカーよりも先に必要なものはチャイルドシートですねチャイルドシートも いろいろありますが、チャイルドシートは6歳未満が義務なので、0歳~7歳ころまで長く使えるもがいいかもしれません。

その後はジュニアタイプで十分足りると思います。

私は車ばかりで行動していたので、使っていたのはチャイルドシートキャリー(ベビーシートキャリー)というものです。

車ではチャイルドシートになり、シートに乗せたまま家の中に運んだり、スーパーのお買い物の時にはスーパーのカート(小さい方)の上にそのままキャリーを乗せて、お買い物カゴを下の段に乗せて買い物をします。赤ちゃんとは対面になります。

家の中でも乗せ寝かしたり、ゆりかごの様に揺らせてたので大変重宝しました。

私が使った物は、ベビーシートキャリー・AB兼用型ベビーカー・バギーでした。

それぞれのライフスタイルや好みに合わせ楽しい育児をしてください。

 

当院の診療内容

 

Copyright © itamisi akacyann  kosodateouenn  all Rights Reserved.

トップへ戻る