鼻吸い
のご案内

鼻吸いのご案内

鼻吸い



鼻吸い

赤ちゃんは直ぐに鼻が詰まったり、鼻水が出たり・・すべてが風邪ではないのですが、それで寝にくかったりミルクが飲みにくかったりと 厄介な症状だと思います。

鼻吸い 鼻吸い 鼻吸い 鼻吸い



病気としての鼻水はばい菌を外に出す反応なので、機嫌がよく、いつも通り飲めて眠れるなら薬はいらないと思います。

少しでも赤ちゃんがしんどそうならば病院のお薬が必要な場合もあります。

その際はご相談下さい。赤ちゃんの鼻水でまずやって頂きたいのは室内の加湿でしょうか。

赤ちゃんの鼻は室温にとても敏感です。乾燥にも弱い印象があります。

いつもより少し湿度を高めて頂くと鼻通りが良くなることがあります。是非、試して下さいね。

鼻吸い

次にご家庭で出来る事は市販の鼻吸い器でお鼻を吸ってあげる事です。

最近では電動のかっこいい鼻吸いの機械も売られていますが、最初はアナログな鼻吸い器(写真の)で十分です。

ママやパパが吸うタイプですが、ママやパパにはばい菌がうつらないよう設計させている様です。

価格もリーズナブル、最近ではお近くのドラックストアにも売られているのではないでしょうか?

1つあると便利かもしれません。お試しください。

ただ1つだけ、奥の方の鼻水や鼻くそはさすがに取れませんし、無理をすると赤ちゃんが鼻血を出してしまいます。



そんな際は是非、当院をご利用下さい。

当院では奥の方の鼻を吸う事が出来る機械、チューブをご用意しており、鼻吸いだけでの受診も大勢いらっしゃいます。

ご自宅で難しい鼻吸いは当院で対応いたしますので、是非ご利用くださいね。

鼻吸い 鼻吸い 鼻吸い 鼻吸い
 

当院の診療内容

 

Copyright © itamisi akacyann  kosodateouenn  all Rights Reserved.

トップへ戻る