授乳グッズ
のご案内

授乳グッズのご案内

赤ちゃんが誕生して一番「愛おしい」と思う時はいつですか?

私は授乳の時でした。

もちろん誕生して間もなくの時も、どんな時も愛おしかったのですが一生懸命に飲んでる姿や、ふとした時に見せる微笑みが「私だけの特別」のように感じていました。 ママになって初めての事ばかりなので大変ですよね。

産前授乳のために用意した物は下着はもちろん他には母乳パッド・清浄綿・授乳クッション。

清浄綿は個包装になっていて清潔を保つ意味で授乳前と授乳後にさっとひと拭きしていましたが他にも産後間もない時のデリケートゾーンや赤ちゃんのおしりふきの代用として使えるので必要に応じて使えますね。

授乳の時以外にも母乳は少しずつ出てしまうので漏れを防いでくれるのが母乳パッドです。

授乳するたびに取り換えます。時にはずっしり重くなっていて「こんなに出ていたのにもったいない・・・」と思う時もありました(;^_^A

使い捨ての母乳パッドしか使ったことがないのですが、布製の母乳パッドもありますね。

洗濯ができて何度でも使え通気性がよく、つけ心地もいいと聞きました。肌が敏感なママにはいいかもしれないですね。

授乳クッションは赤ちゃんが成長するにつれて私の腕がプルプルと限界にきていたので授乳クッションの力を借りていました。

自分に合った角度に合わせて赤ちゃんも私も楽に過ごせましたよ。授乳の時だけでなく添い寝の時に枕代わりにしたり、赤ちゃんがお座りして間もない時に後ろへひっくり返って頭を打たないようにと転倒防止として使用していました。

私が授乳している姿を見ていた上の子どもが同じようにクッションを使ってお人形さんにおっぱいをあげている姿を見てとっても微笑ましかったです。

順調に授乳を始めても色々な問題もありますよね。

赤ちゃんの吸う力が強かったりなどで乳首に傷がつき出血・・・なんて事も。

本当に痛いです( ノД`)治らないうちにまた授乳の時間がくるので、その間は苦痛でした。

ゲップをすると赤ちゃんからピンクの母乳が出てきたり。

そこで「乳頭保護器」というものを産婦人科の先生からお勧めされました。ニップルとも呼ばれるらしいですよ。

授乳グッズ

乳頭保護器はサイズがS・M・Lとありソフトとハードの2種類のタイプがあります。

ソフトタイプは薄くてシリコン素材なので赤ちゃんが違和感なく母乳を飲めます

ハードタイプはソフトタイプよりも厚みがあるので傷が深い時はいいかもしれませんね。

メーカーによってサイズや種類も異なるかもしれないのでお店の店員さんに聞いてみてくださいね。乳頭保護器を使っている間は痛みも和らぎましたし、オイルを塗っていたので傷の治りも早くなりました。

母乳オンリーでと頑張っていても授乳期間中に結婚式などで長時間家を空けてパパや実家に預けたりしないといけない時もありますね。皆さんはどうされていますか?搾乳器で搾乳して冷凍パックで保存したりする方法もありますね。

授乳グッズ

あとは粉ミルクでしょうか?

動画でも取り上げましたが粉ミルクは大切な成分が配合されていて母乳に近い粉ミルクも販売されています。安心して使用できますね。

お出かけの時はスティックタイプやキューブタイプも1回分ずつ使えて重宝しそうです。

哺乳瓶もガラスタイプとプラスチックがあります。ガラスタイプは熱湯消毒に強いですが重たいのが気になるようであれば、お出かけの時は軽量のプラスチックを持参するなど使い分けてもいいかもしれませんね。

哺乳瓶の消毒も煮沸消毒・薬液での殺菌がありますが、電子レンジでチンするだけで消毒できるという日々時間に追われているママに助かるグッズもあります。 粉ミルクはメーカーによって成分が少しずつ違うので赤ちゃんに合った粉ミルクを探してみてくださいね。

母乳オンリーのママも混合乳のママも時には一人で息抜きして頑張りすぎないように育児を楽しんでくださいね。いつも応援しています!!

授乳グッズ 授乳グッズ 授乳グッズ 授乳グッズ
 

当院の診療内容

 

Copyright © itamisi akacyann  kosodateouenn  all Rights Reserved.

トップへ戻る