おもちゃ
のご案内

おもちゃのご案内

おもちゃ



本

世の中にはたくさんのおもちゃがありますね。その中でも赤ちゃんが使えるおもちゃを紹介したいと思います。生後0ヶ月~2ヶ月ぐらいの赤ちゃんは、おっぱいやミルクを飲んで、天井を見つめているだけで、寝返りもできないからまだおもちゃなんて必要ないかと思っていませんか?いやいや、それは間違いです。医学的には原始反射と言われる「モロー反射」や「手掌把握反射」と言われる手足の反射運動が赤ちゃんにはあります。ですので、ファーストトイ(赤ちゃんの最初のおもちゃ)として最適なのはタオル地などふわふわしていて肌触りのよいものがお勧めです。ガラガラのように振ったら音の出る、握りやすい円形のぬいぐるみはいかがでしょうか?木のおもちゃも絶対お勧め、動画にもありますが、木の音の鳴るオモチャは最強でしょう。

カラフルなおもちゃ量販店に多く売られており、海外製の製品なども比較的安く手に入りますね。視力がしっかりしてくる3ヶ月過ぎた頃からは赤ちゃんも楽しめるのではないでしょうか。キャラクターものならディズニーをはじめ色々なものがあります。ママが好きなキャラクターで揃えるのも良いかもしれませんね。また、柔らかな素材できている、とても軽く、網目が細く柔らかいボール(オーボールといいます)もおすすめです。赤ちゃんが握りやすいのが特徴で、ベビーカーにつけてお出かけするのもいいでしょう。布製のプレイジムやプレイマットも重宝しますよ。まあ、赤ちゃんが大きくなったら置き場に困りますので、どなたかにあげるかフリマに出す運命になるかも知れませんが。歯固めにも使えるガラガラのようなラトルというグッズも赤ちゃんにはにぎりやすく、振って音が鳴るので赤ちゃんのうちから使えます。

生後5~6ヶ月のなってきたら布の仕掛けがある絵本はどうでしょう。音が鳴る、引っ張ると何か出てくる触りごごちのいいタオル地でできています。引っ張るとぬいぐるみ等が出てきて楽しいですよ。

7ヶ月を過ぎてくるとだんだんおすわりもできるようになってくるので、座ってだっこできるぬいぐるみで遊んだり、知育玩具の積み木や、ペグさし(棒さし)で形を認識したり数にふれてみたり、パパやママの使っているスマホにも興味がでてくるので、おもちゃのスマホで遊ぶのもいいかもしれません。話は逸れますが、子供にあまりスマホを見せない方が良いという学会の提案が出ています。が、たまには触らせてあげても良いかなと当院は思っています。何でも使い方です。赤ちゃんにずっとスマホを持たせ、ママやパパは別の事をしている、なんてことはダメだと思いますが、ちょっとした隙間時間にスマホで動画を見せたりするのは別に良いのでは・・と当院は思っています。話が逸れました・・

本

8~9ヶ月になってくると、音のなるおもちゃも、ただ振ったりするだけでなく、自分で叩いてとがでる太鼓やピアノのような物、鍵盤のついている絵本も楽しめるのではないでしょうか。10ヶ月以上~は掴まり立ちから歩き始めてくるので、掴んで押して遊べる手押し車もつかえるようになってきますね。ブロックなどもおすすめで。赤ちゃん用のピースの大きなブロックもあります。私のおすすめは三角形、四角形、五角形、六角形などの普通のブロックにはない形をしたマグネットのブロックです。普通のブロックの様に差し込んだりするのではなく、磁石でくっつきます。見た事ありますよね??時々、本屋さんにも売られています。あとブロックといえばレゴですね、レゴ!これは私も子供の頃はずっと遊んでいました。私の子供たちも今では大きくなりましたが、他のおもちゃは誰かにあげたり、捨ててしまいましたが、レゴだけは捨てずに置いてあります。

1歳を過ぎてきたら、おもちゃの幅ももっとひろがってきます。ボーネルンドなどに代表される木のおもちゃのままごとセットはごっこ遊びの基本かもしれません。木のおもちゃといえば積み木ですが、最近では組み立てて車や建物ができて大工さん気分になるものもあるようです。時代と共に色々とおもちゃも変わりましたね。

おもちゃのことを書くと終わりがないような気がしますので、この辺で!まずは赤ちゃんが興味を持ったものを与えてあげるのがいいでしょう。そして大切な事は赤ちゃんにとって安全なおもちゃかどうかを買われる前にチェックしてほしいという事ですね。色々なおもちゃで色々な遊びをし、大きくなっていく子供たちと楽しく暮らしてくださいね。

本

おもちゃ
 

当院の診療内容

 

Copyright © itamisi akacyann  kosodateouenn  all Rights Reserved.

トップへ戻る