離乳食
のご案内

離乳食のご案内

離乳食



離乳食

母乳や粉ミルクだった赤ちゃんも、生後5か月頃からいよいよ離乳食ですね!。

ここが新米ママやパパの最初の難関だと思います。

離乳食 離乳食 離乳食 離乳食



母乳や粉ミルク以外の食べ物の味を覚えさせる事も大切なのですが、味に敏感なグルメな赤ちゃんは離乳食を時として嫌がります。

そしてママやパパはなにをどう作ってあげたら良いのか悩んでしまう・・そんなご相談も健診などで多く聞かれます。

動画でも申し上げましたが、とにかく楽しく、食べなくても落ち込まない、時には手抜きも・・がとても重要ですね。

離乳食

ちなみにうちの長女は1歳まで白米とスイカのゼリーしか食べませんでした。

それはそれでダメだとは思いますが、結局はそれしか食べなかったので仕方ありませんでしたね。

今はもう高校生、元気に過ごしています。

まあ、離乳食は赤ちゃんにとってこれは未知なる世界との遭遇・・・この時期をどう乗り越えるかがポイントです。

肩の力を抜いて適度に頑張ってくださいね。

離乳食

先に書きました通り、生後5か月ごろより準備して頂ければOKですが、別に厳密な時期はありません。

お子さんのペースやママやパパのペースで多少前後しても良いと当院は考えています。

例えばですが、大人が食べている姿をジッと見ている、口をモグモグさせているなどいろんな仕草や興味があるサイン(ベビーサインとはちょっと違うけど)を出します。

このサインをよく見かけるようになったら、ゴックン期のスタートの準備をしてみては如何でしょうか?

さあ、最初に皆さん、何を作りましょうか?やはり定番の「お粥」ですね~実はこれまた食べない赤ちゃんが大勢いて、最初につまづくポイントとなります。

10倍粥(本やネットで検索を)からと言われていますが、まあ味はしないはサラサラやわで、口に入れて直ぐに出してしまう事はよくよくある事です。

ここは割り切って、母乳や粉ミルク以外を口に入れる儀式!と考えた方が良いでしょうね。

勿論、よろこんで食べる赤ちゃんにはどんどんあげましょう。

離乳食

頻度ですが、週1からでいいかなと考えています。が、これも赤ちゃんの食いつきやママやパパの事情で回数はお決めになられたら良いのではないでしょうか?

まあ、ゆっくりスタート、量も回数もゆっくりよっくりです。

さあ、お粥を初めて1週間、次へ進みましょう!

献立を増やすというステップ、再び難関がやってきました!かぼちゃや人参の裏ごしが一般的ですね。

お料理が苦手なママやパパは市販も使用しながらで構いません。

ホウレンソウ、カボチャ、バナナ、すりおろしリンゴなどの市販ベビーフードもお使いください。

離乳食

今お話ししています離乳食スタート時期、いわゆる初期は「味付けほとんど不要」です。

食べる練習とうより飲む練習といった感じだと思って頂ければと思います。

もし全然食べない場合はお塩やダシをほんの少し加えるのは構いません。

また野菜で煮込んだスープ(まあ野菜ダシ)も栄養価がありお勧めです。是非、お試しください。

さて、最初の離乳食をいつ食べさせましょうか?オススメは午前中ですね。

これは万が一、何かの食材にアレルギー反応が出た際に病院やクリニックが開いている時間帯にしてほしいからです。

安全面でのご提案ですので、強制ではありませんが・・あとは赤ちゃんの機嫌とママやパパのご都合でお決め頂けたらと思います。

さてさて、そうこうしていますと3週間なんてあっと言う間です。だいたいの味に慣れ、飲み込む練習もまあまあ出来てくる時期ですね。

そうしますと1回の食べさせる量をアップすることをしてみましょう。

またお魚や豆腐もチャレンジ!お肉はまだちと早いかな・・ここでも要注意、白身魚や大豆にアレルギーのある赤ちゃんもいますので、魚は熱を通しすりおろし、豆腐は一回温め冷 ましてからあげてくださいね。

離乳食

次は初めて1か月目です。飲み込む技術はぴか一、分かる赤ちゃんには好き嫌いが出てきます。

この時期(モグモグ期)くらいに1日2回食にしてみてはどうでしょうか?朝夕1回ずつくらいでペースを作ると良いかも知れません。

食材に変化はないですが、お粥にお米の触感を少し残すようにしてみましょう。

要は少しお米感を出す(7倍粥)ということ、また苦手食材はお粥に混ぜてゆっくりゆっくりあげてみましょう。

ご飯にふりかけを混ぜる、シャケフレークを混ぜる、納豆卵を混ぜる、みたいなノリです。お試し下さい。

先ほどから何度か触れていますし、動画でも申し上げましたが「作らないと!」「食べささないと!」「いろいろ食べさせたい!」「本通り出来ない!」などなど、気合を入れれば入れるほど空回りします。

そうしますとママやパパが疲れ果て・・離乳食の時期が地獄化してしまいます。

焦ったところで嫌な物は食べませんし、気分が乗らない時は昨日食べた物も食べません。

まあ、そんなもんですので、一喜一憂しない様、楽しみながら、時にはさぼりながらボチボチやって下さい。

さあ、おの小児科のオススメキーワード、市販のベビーフードについて少し書いておきます。

離乳食

この市販のベビーフードは写真の様に山ほどあります。

メニューも豊富で、正直、レシピの勉強になるとさえ思います。

買わなくとも 、「あ!こんな組み合わせあるんや!」みたいな感じでご自身で作ってみても面白いと思います。

勿論、お忙しい際、お出かけの際、作るのに疲れた際・・どんどん市販のベビーフードをお使いください。

では、最後、離乳食後期、巷で言う「カミカミ期」についてです。赤ちゃんの個人差はありますが、前歯が生え、奥歯も見え隠れしてきます。

使って良い食材も増え、作れる料理や市販のベビーフードの種類もかなり増えます。これは大体、9か月~1歳前でしょうか。これもまた大体ですけど。

離乳食

この時期は舌も上手に使いますし、歯で食べ物を潰して食べることが出来ます。

指で潰せるくらいの食材なら大丈夫だと思いますので、硬い野菜は茹でで柔らかくすれば使えますね!

また食事の仕方ですが、だいたい手で食べるようになります。

また食べ散らかしや食べむら、時には食べ物を投げたりするでしょう。

これらに腹を立てることはあると思いますが、食への興味の1歩ですので、ぐっと我慢してください。

手 で職食材をつかむというのは赤ちゃんの発達促進につながるものです。

また最終段階は胃腸の具合も発達してきましたので、青魚、お肉も試してくださいね。

またこれもアルアルですが。離乳食が始まると貧血傾向になります。つまりは鉄分不足って事です。

魚、ほうれんそう、小松菜、レバー、赤味などを上手に取り入れてくださいね。

少しのバターや油も使えます。

お料理が得意なママやパパには最高の時期かも知れませんね。

食べる回数は大人と一緒、3回食が基本です。大人の時間(あまり遅いのはNG)に食事時間を近づけてみてください。

また食事の間はしっかり遊ばせてあげましょう。そうすれば大人と同じくお腹が空いて、パクパク食べてくれると思います。

最後の最後はいわゆる「パクパク期」とまり は離乳食の卒業間際です。時には大人と同じメニューを食べることが出来、食卓も賑やかになるのではないでしょうか?

ただ1つ、難関があります。手づかみの卒業です。

コップやスプーンの練習時期となりますが、まあそう簡単にはいきません。

今まで以上に食べこぼしが多くなり、イライラMAXになることもあるでしょう。

ここは踏ん張り時です。頑張って下さい!

味付けは大人の3割から5割程度の薄口、香辛料はとりあえず日本人はNGかな・・カレー粉やシチューの薄味はOKだと思いますが・・・これも市販のベビーフードを参考にしてみてください。

色々と書きましたが、離乳食の時期は約半年で終わってしまい、その時期はもう二度と来ません。せっかくなら、気を張らず、義務と思わず、楽しく時には手を抜 いてボチボチやるのがベストだと当院は思っています。最後に各期(○○期)をまとめておきますので、ご参考までに!

ゴックン期(5~6ヵ月)→ゴックンと食べものを飲み込む練習をする時期

モグモグ期(7~8ヵ月)→舌でつぶれるくらいの固さのものをモグモグと食べれるようになる時期

カミカミ期(9~11ヵ月)→歯ぐきでつぶせる固さのものが食べられるようになる時期

パクパク期(12~18ヵ月)→離乳食の仕上げの時期

                 歯ぐきでかんだり、つぶしたりできるようになります

離乳食

離乳食 離乳食 離乳食 離乳食
 

当院の診療内容

 

Copyright © itamisi akacyann  kosodateouenn  all Rights Reserved.

トップへ戻る